みなさんこんにちは!歯科助手の淡路です。

先日、院長先生と2名のスタッフがMFT実践セミナーに行って来ました!
MFTとは、舌や唇など口の周りの筋肉を正しい動きにするために、筋肉のバランスを整えるトレーニング法の事を言います。

実は歯並びが悪くなる原因の1つが、『舌や唇などの癖』です。
歯並びは口の周りの筋肉や飲み込んだ時の舌の動き、口呼吸などによって悪くなります。
舌を前に出す、下唇を咬む癖、指しゃぶりをしていると、出っ歯やすきっ歯、下あごの方が出ている受け口、開咬(奥歯でしっかり噛んでも前歯が咬み合わずに上下の歯の間が開いてしまう咬み合わせ)になってしまう場合があります。
このように舌や唇に癖があると歯並びや発音に悪い影響を及ぼします。

トレーニングは2~3週間に1度のペースで行っていきます。1人でできるようになるまで練習してもらい、ご家庭でもトレーニングができるようにしていきます。
お子様の歯並びが気になる、どんなトレーニングをするの?と気になる方はお気軽にご相談下さい!