検見川浜駅前の歯医者さん ピア・デンタルクリニック(一般歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科・予防・インプラント・審美歯科)

医療費控除について

医療費控除とは

確定申告の際に医療費控除の手続きをすると一定の金額の所得控除を受けることができ治療費の一部が返ってきます。

歯科では、健康保険適用の治療、セラミック治療、インプラント治療が対象となります。ホワイトニングや美容を目的とした整形手術等の治療費は控除の対象にはなりません。

さらに以下に当てはまる場合、医療費控除の対象となります。

  1. 納税者が、自分自身又は自分と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること
  2. その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費であること
  3. 10万円以上の医療費である事

※ 各種保険等で支払われた補填額は控除対象外となります。
※ 控除金額の上限は200万円となっています。

支払った医療費の額

医療費とは、医師等による診療等を受けるために直接必要な費用で、次のようなものに限られます。

  • 医師、歯科医師に支払った診療費、治療費
  • 治療、療養のための医薬品の購入費
  • 通院費用、入院の部屋代や食事代の費用で通常必要なもの  など

保険金等もらった金額

出産育児一時金、配偶者出産育児一時金、家族療養費、高額療養費、損害保険会社や生命保険会社から支払われた傷害費用保険金、医療保険金、入院給付金等

控除対象金額の算出

(支払った医療費の額)-(保険金等をもらった金額)=控除対象金額

ここから所得に応じて控除額が算定されます。
所得による医療費控除の目安

詳しくは国税庁「医療費控除の対象となる医療費」を参照ください。

還付を受ける為に必要なもの

  • 確定(還付)申告書(給与所得者は源泉徴収票)
  • 領収書
  • 印鑑、銀行支店・口座番号

※ 確定(還付)申告書は地元の税務署においてあります。
※ 申告期間は翌年の2月16日から3月15日の間です。
但しサラリーマンの方の還付は一月以降受理されます。

歯でお悩みの方はご相談くださいネ TEL 043-298-8118 電話受付 平日10時から19時30分
土曜日18時まで

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+