検見川浜駅前の歯医者さん ピア・デンタルクリニック(一般歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科・予防・インプラント・審美歯科)

保険入れ歯とスマイルデンチャー

保険入れ歯と自費治療の金具の無い入れ歯スマイルデンチャーとの比較

噛めない入れ歯・違和感のある入れ歯、痛い入れ歯、見栄えのよくない入れ歯など、入れ歯(義歯)の悩みは、ご年配の方から若い方まで様々です。保険の入れ歯や部分入れ歯はプラスチック製ですので、割れないように、どうしてもある程度の厚みが必要になります。そのことによって、固い・痛い・合わない・違和感がある・見栄えが良くない、などの様々な悩みにつながります。熱も伝わりにくくなってしまいます。費用の面では保険適用ですので、自費治療に比べると安価です。
ですが、作り直しをする人が後を絶たず、法的に6ヶ月間は作り直しをすることが出来なくなりました。

また、保険の入れ歯(義歯)は、固いプラスチックですので、写真のように割れることがあります。更に、金具が残存歯に負担をかけ、痛めてしまうということがあります。ものを噛む能力も天然の歯の約20~30%とあまり高くありません。
装着後は、金属のクラスプでは食べ物が挟まることも多く、ほっぺた側へと飛び出したような感じの違和感、ほっぺたの動きを邪魔するような不快感があります。

保険の入れ歯写真

スマイルデンチャーは保険の入れ歯の2分の1の軽さです。

金属を使わずナイロン樹脂で作られた、薄く・弾力性に優れた目立たない全く新しい入れ歯、それが金具の無い入れ歯スマイルデンチャーです。

保険の入れ歯と比較してみてください。
一見、似たような材質のようにも見えますが、透明感は全く違います。スマイルデンチャーは歯肉に近い色の素材を使っているので、入れ歯が入っているように見えません。また、保険の入れ歯では、割れないようにある程度の厚みをもたせていますが、スマイルデンチャーは軽く・薄くできるのが特徴で、更に無味無臭・違和感がありません。スマイルデンチャーは外側から目立たないだけでなく、内側の金具もなくなるので、保険の入れ歯に比べフィット感や舌感が良く、違和感も少なくなります。

お手にとって比べて頂ければ、弾力性・重量も全く保険の入れ歯とは異なることがお分かり頂けます。

抜歯後

抜歯した口腔内

  • 十分に噛めない
  • 周囲の骨の消失
  • 噛み合わせのバランスの崩れ

保険の入れ歯と金具のない部分入れ歯スマイルデンチャーの比較写真

歯でお悩みの方はご相談くださいネ TEL 043-298-8118 電話受付 平日10時から19時30分
土曜日18時まで

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+