検見川浜駅前の歯医者さん ピア・デンタルクリニック(一般歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科・予防・インプラント・審美歯科)

小児歯科

歯科における小児の特徴

小児歯科

  • 歯医者が初めてで怖がる子供が多い
  • 号泣し、よく動く子供が多い
  • 無理に押さえつけて治療すると精神的トラウマとなる
  • 治療で痛い思いをすると精神的トラウマとなる
  • 歯が未成熟で放っておくと虫歯の進行が早い
  • 歯ブラシがおろそかだと歯肉炎になりやすい

以上の特徴をもとに当院では極力お子様に肉体的にも精神的にも最小限で短期間の治療を心がけて以下のようにしております。

治療前トレーニング

すべての小児患者さんにはやっていませんが虫歯などの負担がかかる治療が必要な場合はいきなり治療をせずに診療台の椅子に座ってお口を開けられるところからはじめます。
お忙しい中お連れする親御さんには大変かもしれませんが、お子様にはまず歯医者の雰囲気に慣れてもらい歯科医院スタッフと信頼関係を作れると治療がうまくいきます。

小さい虫歯の治療

ハイパワー光照射機器基本的には麻酔はせずに虫歯を取り除き、詰め物をし、最小限の治療をします。
小児の虫歯治療では、特殊な光で固まる光硬化型レジンを使います。
当院では、通常よりも早く硬化できるハイパワー光照射機器を導入しており、極力短時間で終わらせられるように心がけております。

大きい虫歯の治療

虫歯が大きい場合全部虫歯を取り除くと歯の神経をとらねばならなくなります。
当院ではそのような場合虫歯は一層残し消毒しそのまま詰め物をします。虫歯を残してあるので、詰め物が取れてしまったり、神経まで到達することも希にありますが、はえ代わりまで問題なく経過することがほとんどです。
ただし、やはり虫歯を残してあるので2~3回/年の定期検診でのチェックが必要になります。
最近の子供の虫歯の治療は、この方法が増えてきていて子供にとっても負担が少ない方法です。

乳歯の抜歯

基本的は自然にはえ変わるまで待つことをお勧めしております。
歯茎が腫れたり痛みをもったり下からはえてくる永久歯を邪魔している場合は、抜歯の提案をさせていただきます。

乳歯から永久歯に生え変わる時期の目安

生え変わる期間や順序には個人差があります。下図に「生え変わる時期の目安」をご紹介していますが、1~2年のずれなら心配することはありません。
第3大臼歯は、俗に言う「親知らず」のこと。生える人と生えない人がいます。
乳歯から永久歯に生え変わる時期の目安

子供の歯並び

子供の矯正は、顎の骨が成長する6歳~14歳までの間に行うと有効だと言われています。
矯正治療は大人になってから行うことも可能ですが、子供の時期に行うことで、より理想的な治療ができます。
子供の矯正治療(歯列矯正)についてはこちら

子供向けイベントの紹介

子供向け歯科イベント
年に1回不定期に子供向けイベントを行っております。
歯医者は怖い痛いというイメージが子供の頃からついてしまうと痛い時にだけ通うことになり虫歯予防も早期の治療もできなくなる傾向になります。子供の頃から歯医者は怖くない、楽しい、歯をクリーニングすると気持ちいいと認識して頂ければ結果的にお口の健康維持につながります。
内容といたしましては歯の予防に関する紙芝居、実習模型を使った歯医者体験、無料歯科検診です。

歯でお悩みの方はご相談くださいネ TEL 043-298-8118 電話受付 平日10時から19時30分
土曜日18時まで

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+